乗鞍岳の紅葉とホシガラス

10月15日

b0096081_2145177.jpg


b0096081_21451556.jpg


b0096081_21452625.jpg


b0096081_21453589.jpg



急に寒くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
下界の紅葉もそろそろ本番が近づきつつありますね。
乗鞍高原では今日小雪が舞ったそうで、こちらは冬本番の到来ですね。

本日は1ヶ月ほど前の写真になりますが、乗鞍岳の秋の紅葉をお届け致しました。
乗鞍高原観光センターからシャトルバスでエコーライン経由で畳平まで行き、
頂上の剣が峰往復はオミットしまして、エコーライン沿いを写真を撮りながら
歩いて降りて来ました。
エコーラインは数年前からのマイカー規制で、静かな散策を楽しむことが出来ました。

一番下の写真はホシガラスという高山に住む鳥です。
肩の小屋への道の途中にあるハイマツ帯でたくさん見かけました。
ハイマツの実が好物なのだそうです。

+E-300/11-22
+E-300/11-22
+E-300/11-22
+E-300/50-200


+ホシガラススポット

[PR]
# by onzie3 | 2006-11-07 22:08

八丁味噌の郷

10月21日

つばくろ写真館のつばくろさん夫妻と一緒に八丁味噌の郷の見学に行ってきました。

b0096081_2237385.jpg

見学の前にまずは腹ごしらえ。
岡崎公園内にある八丁味噌料理「いちかわ」にて。写真は味噌田楽と味噌おでん。
写真にはないですが味噌カツも頂きました。
味噌がふんわり柔らかくてとてもおいしいです。
お店の場所はこちら



b0096081_22372210.jpg

八丁味噌の郷にて「八丁味噌ソフト」を頂きました。
いわゆる味噌味ではなくほのかな大豆の香りが心地よく、なによりもベースのソフトクリーム
が濃厚でとてもおいしかったです。お勧めです。



b0096081_22373849.jpg

味噌樽。
昔と変わらず今でも石を細かく積んで重石にしているのが印象的でした。



b0096081_22375678.jpg

今回自分はマクロレンズ一本だったので、味噌樽を縛る金属のワイヤーをアップで
撮ってみました。昔はワイヤーの代わりに竹を使っていました。



b0096081_22381640.jpg

ワイヤーのアップその2


+すべてE-300/50mmMacro

+撮影場所

[PR]
# by onzie3 | 2006-10-23 23:15

秋の善五郎の滝(早朝)

10月15日

b0096081_20463963.jpg


b0096081_2046549.jpg


b0096081_2047364.jpg



善五郎の滝はやはり早朝が似合います。
前々からここを訪れる度に、「ここを撮影するなら早朝がいいだろうなあ」
と思っていたのですが、今回それがやっと実現しました。
日の出間もない早朝の7時くらいの撮影です。
秋の色が朝日に照らされてさらにいい色になっています。
もう少し待てば滝にも光が当たっていい感じなのですが、ペンションの
朝食の時間がありましたので後ろ髪を引かれる思いでその場を後にしました。

3番目の写真は善五郎の滝への入り口の駐車場から撮影した乗鞍岳のパノラマです。
もちろん2番目の写真の背景の山は乗鞍岳です。

+E-300/11-22
+E-300/11-22
+E-300/50-200(4枚をスティッチ)

+撮影場所

[PR]
# by onzie3 | 2006-10-18 21:14

三本滝

10月14日

b0096081_21194749.jpg

1.手前:三本滝右/奥:三本滝真ん中
  E-300/11-22(手持ち)



b0096081_21201121.jpg

2.三本滝右
  E-300/11-22(手持ち)



b0096081_21202432.jpg

3.三本滝全景
  E-300/11-22(8枚をスティッチ)



乗鞍高原には結構通ってる方だとは思いますが、
三本滝に行ったのは今回が初めてでした。
その名の通り、3つの川がほぼ同じ地点で合流し、
しかも3本とも滝となって合流しています。
3番目の写真は三本滝の全景をパノラマスティッチした
ものですが、雰囲気が伝わりますでしょうか?
乗鞍高原の紅葉はそろそろ見頃を迎えています。

+撮影場所

[PR]
# by onzie3 | 2006-10-17 21:38

北八ヶ岳

10月8日


10月7,8,9日の3連休を利用して、北八ヶ岳に行ってきました。コースは、
桜平 → オーレン小屋(泊) → 根石岳 → 天狗岳 → 黒百合ヒュッテ(泊) → 渋の湯
という、道中に百名山もない渋目のコースです。

日本の東南海上に接近した台風が爆弾低気圧に変わって、強烈な冬型の
気圧配置となったため、どうなることかと思いましたが、北からの強風に
見舞われた以外は雪も降る事もなく比較的大丈夫でした。


西天狗から見た赤岳・横岳 E-300/50mmMacro
b0096081_0303777.jpg

今回のコース上には積雪はありませんでしたが、さすがに八ヶ岳最高峰ピーク付近は
うっすらと雪が被っていました。


東天狗から見た西天狗 E-300/11-22
b0096081_031476.jpg

東天狗のピーク付近での風が相当強烈でしたので、西天狗をピストンするかどうか
迷ったのですが、行ってみたら西天狗付近の風はそれほどではありませんでした。
比較的近距離でも場所によって風の強さが全く違うことに驚きました。


西天狗への登り付近にて(1) E-300/11-22
b0096081_0312988.jpg

この日は明け方までガスが濃くて雨もパラついていましたが、10時くらいから
天候が回復し出しました。
広角レンズでの撮影ですので、斜面の傾きが実際よりも急に見えています。
(この効果は今回初めて実感しました。)


西天狗への登り付近にて(2) E-300/11-22
b0096081_0314065.jpg

今回は運良く天候が回復しました。
今後とも山は安全第一でこそと思った週末でした。


+撮影場所

[PR]
# by onzie3 | 2006-10-13 01:36

トランペット購入

b0096081_23242519.jpg


9月30日

本日何を思ったか、トランペットを購入してしまいました。
今までの人生で楽器などまじめにやったことがない私がトランペットなんぞに手を
出してしまっていいのだろうかいう意見もあるかと思いますが、、

 (あ、いや、数年前にピアノを始めようとして3ヶ月で挫折した経験はあります。
3ヶ月間の練習で無謀にも友人の結婚式で演奏を披露するという暴挙に出た
のはいいのですが、予想通りあえなく撃沈致しました。
友人には喜んで頂けたようでしたのでそれはそれでよかったかなとは
思っていますが。)

やりたいと思ったらやってみないと気がすまない性格ですので、仕方ありません。
相方が社会人の楽団に入っていますので、少し吹けるようになったらそこに入れて
もらえば共通の趣味ができていいかなとも思います。

購入した機種についてですが、最初は2、3万の安いのを買って、うまくなったら
もう少し高いのを買えばいいかなと思っていたのですが、いろいろネットを
さまよったり、楽器屋さんや知人に話を聞いたりして、最終的にはYAMAHAの
最上位モデル(約20万円)を購入しました。
理由は、トランペットは他の楽器に比べて比較的安い価格帯でプロモデルが
手に入ること (それでも一般人からするとかなり高ですが、楽器業界的に
という意味です)、賃貸の住居ではトランペットをいくつも置いておく場所がない
ので、最初からいいのを買っておこうとか、趣味ですのでいろんな意味で値段が
高い方が長続きするんじゃないかとか、まああまり深い意味はないのですが…
幸い、メーカーの種類も少なくて、あまり迷うことはありませんでしたが。

材質は黄色(イエローブラス)、金色(ゴールドブラス)、銀色(ゴールドブラス、
銀メッキ)の3種類から選べたのですが、銀色のにしました。
材質によって音色が気持ち異なるそうで、銀メッキはどちらかというと柔らかい
音が出ます。(正直言いますと、私の耳に音色の違いはわかりません…。
それだけ微妙な違いです)
トランペットというと、金色というイメージがどうしてもあって、私もそう思っていた
のですが、オーケストラには柔らかめの音がいいかなと思いまして、違いも
わからないくせに銀色のにしました。まあ、使っていくうちに愛着も出てくる
でしょう。

b0096081_2324946.jpg


今は、毎日でも練習したい気分ですが、日本の住宅事情で自宅での
トランペットの練習はすなわち近所迷惑を意味します。毎週日曜日に
相方の楽団の練習が市の音楽室でありますので、その30分前に場所を
貸してもらって、しばらくの間は自習しようかと思っています。
最初なのでレッスンも受けないといけないなーと思っていますが、個人レッスン
にするかYAMAHAとかのグループレッスンにしようか迷っています。
まあなんにしても簡単な楽器ではなさそうなので、最初はなんらかのレッスン
を受けようかと思ってはいます。

とりあえずの目標は来年の6月の楽団の演奏会に1曲でも参加できればと
思っています。まあ、自分で思っているだけで現実は厳しいかもしれませんが…
[PR]
# by onzie3 | 2006-10-01 00:17 | トランペット

シャボテン公園のハシビロコウのビル君

b0096081_23281768.jpg

b0096081_23283987.jpg

b0096081_23285528.jpg

b0096081_2329781.jpg

b0096081_23292676.jpg


9月17日

先週末の伊豆への旅行はこのシャボテン公園のハシビロコウのビル君に会いに
行くのが第一の目的でした。

ハシビロコウはアフリカのビクトリア湖の周辺の湿地帯に住む大型の鳥で、
ハシビロコウと云う名は「くちばしが広いコウノトリ」という意味から来ています。

動かない鳥ということで、最近有名になりつつありますが、動物園のハシビロコウは
結構動くなあという印象でした。私はシャボテン公園のビル君しか見てませんので、
個体差があるのかもしれませんが…

私がハシビロコウをはじめて知ったのは一年位前に放送された、NHKの
「地球ふしぎ大自然」という番組の中での紹介でした。顔の半分くらいはあろうかという
大きなくちばしと、獲物(湿地にすむ肺魚)が水面に上がってくるのをひたすら待ち続ける
ために数時間全く動くことがない習性などに魅了され、「是非この目で見たい!」と
思っていましたが、夢がようやく叶いました!!

実際に見てみた感想は、本当にふしぎな鳥がいるものだなあとしみじみと思いました。
またテレビ番組ではあまりクローズアップされなかったのですが、肩から背中にかけて
の羽根の一つ一つがとても大きくて、きれいなブルーをしているのが印象的でした。

ハシビロコウは日本では上野動物園と千葉県の動物園とここ伊豆のシャボテン公園
にしかいません。入場料は1800円(駐車場500円)と少し高めですが、ハシビロコウ
好きなら一見の価値があるかと思います。10:00と15:30がご飯タイムなので、
その時間に行けば確実に見られます。


+E-300/50-200

+撮影場所



[PR]
# by onzie3 | 2006-09-20 00:01

蛇滝

b0096081_20242919.jpg


9月16日

初景滝に続きまして、河津七滝の一つ「蛇滝」です。
一見何の変哲もない滝のようですが、実は滝の上流側で川の両岸の岩が
ヘビの鱗のようなナメになっているから「蛇滝」なんですね。
写真で滝の右側の岩が柱状摂理になっていますが、その断面がヘビの鱗のように
見えるのですね。そちらの写真を撮るべきでしたが、この写真も雰囲気が出てると
思うのでアップ致します。

+E-300/11-22

+撮影場所



[PR]
# by onzie3 | 2006-09-19 21:04

初景滝

b0096081_2230087.jpg

b0096081_22301778.jpg


9月16日

「伊豆の踊子」で有名な初景滝ですが、絵になる銅像ですね。
下の写真は一見パノラマっぽいですが、広角22mm域の一枚写真です。
(ただ、スローシャッターのパノラマっていうのもちょっと面白そうですね。
 今度機会があったら挑戦してみます。)

+E-300/11-22

+撮影場所



[PR]
# by onzie3 | 2006-09-18 22:36

浄蓮の滝

b0096081_21434619.jpg


9月16日

1泊2日で修善寺・中伊豆方面を周ってきました。

浄蓮の滝の特徴はといいますと、上から下まで滝の太さをほとんど変えずに
ストローを滝壺に刺したように少し斜めに流れ落ちている様子が印象的です。
今回は敢えて滝の下部をアップにして、流さずに瞬間を止めて見ました。

+E-300/50-200

+撮影場所



[PR]
# by onzie3 | 2006-09-18 21:51