シャボテン公園のハシビロコウのビル君

b0096081_23281768.jpg

b0096081_23283987.jpg

b0096081_23285528.jpg

b0096081_2329781.jpg

b0096081_23292676.jpg


9月17日

先週末の伊豆への旅行はこのシャボテン公園のハシビロコウのビル君に会いに
行くのが第一の目的でした。

ハシビロコウはアフリカのビクトリア湖の周辺の湿地帯に住む大型の鳥で、
ハシビロコウと云う名は「くちばしが広いコウノトリ」という意味から来ています。

動かない鳥ということで、最近有名になりつつありますが、動物園のハシビロコウは
結構動くなあという印象でした。私はシャボテン公園のビル君しか見てませんので、
個体差があるのかもしれませんが…

私がハシビロコウをはじめて知ったのは一年位前に放送された、NHKの
「地球ふしぎ大自然」という番組の中での紹介でした。顔の半分くらいはあろうかという
大きなくちばしと、獲物(湿地にすむ肺魚)が水面に上がってくるのをひたすら待ち続ける
ために数時間全く動くことがない習性などに魅了され、「是非この目で見たい!」と
思っていましたが、夢がようやく叶いました!!

実際に見てみた感想は、本当にふしぎな鳥がいるものだなあとしみじみと思いました。
またテレビ番組ではあまりクローズアップされなかったのですが、肩から背中にかけて
の羽根の一つ一つがとても大きくて、きれいなブルーをしているのが印象的でした。

ハシビロコウは日本では上野動物園と千葉県の動物園とここ伊豆のシャボテン公園
にしかいません。入場料は1800円(駐車場500円)と少し高めですが、ハシビロコウ
好きなら一見の価値があるかと思います。10:00と15:30がご飯タイムなので、
その時間に行けば確実に見られます。


+E-300/50-200

+撮影場所



[PR]
by onzie3 | 2006-09-20 00:01
<< トランペット購入 蛇滝 >>