針ノ木岳周回ピストン(2泊3日)

8/11,12,13のお盆休みを利用して針ノ木岳周辺を縦走して来ました。




鳴沢岳を少しすぎた辺りから見た立山です。
天気は3日ともすばらしく、立山・剣の迫力のある展望を楽しみながら、
稜線歩きを楽しみました。




黒部湖を見下ろしながらの赤沢岳の下りです。




赤沢岳よりスバリ岳に向かって。
快適な稜線歩きの筈でしたが、予想外の(下調べ不足です)アップダウンにヘロヘロ状態。
まだあんなに下って登るのかと少々打ちのめされ気味でした…。
奥に見える本日のサイト地の針ノ木峠に到着したのがここから4時間後のことでした。
(この日の行動時間11時間…。)




針ノ木雪渓の下り。
アイゼンを装着しての楽々の雪渓下りです♪
雪渓を駆け上がる涼風が気持ちよかったです。




種池山荘にて雷鳥を見つけました。
人に慣れているようでかなり近づくことが出来ました。



+コース(GPSログ
・8/11 扇沢→種池山荘(テント泊)
・8/12 種池山荘→岩小屋沢岳→新越山荘→鳴沢岳→赤沢岳→スバリ岳→針ノ木岳→針ノ木小屋(テント泊)
・8/13 針ノ木小屋→針ノ木雪渓→扇沢

+撮影場所(針ノ木岳)


+撮影機材 IXYD500

■  [PR]
# by onzie3 | 2007-08-26 18:14

宇津江四十八滝

涼を求めて岐阜県の高山に近い宇津江四十八滝に行ってきました。
渓流沿いにハイキングコースがありまして、所要時間は約1時間程度。
我々はコースを少々甘く見て、おニューの革靴で行ってしまったので、途中敗退
の憂き目となりました…。スニーカーくらいはもって行くべきでした。

という訳で四十八滝のうちほんのさわりの部分しか楽しめませんでしたが、
静かでなかなか良いところでした。またいつかチャレンジしたいですね。

撮影の方は、渓流と新緑のコラボいうことで、滝撮影にしてはかなり明るめにしてみました。
涼しげな感じが出てますでしょうか。







+撮影日時 7/16
+撮影場所

+撮影機材 E-300/11-22
■  [PR]
# by onzie3 | 2007-07-18 21:18

屋久島の滝 3選

大川(おおこ)の滝



千尋(せんぴろ)の滝



トローキの滝




前日まで降り続いた雨はウソのように晴れ渡り、
その雨の影響で水量は十分。
これまでの鬱憤を晴らすかのような豪快な姿を見せてくれました。
(屋久島は雨が多いそうなので、いつもこんな感じなのかもしれませんが…)

雨中敢行した2泊3日の山行についてはまた後ほど。


大川の滝の場所


千尋の滝の場所


トローキの滝の場所

■  [PR]
# by onzie3 | 2007-05-27 21:03

なばなの里のチューリップ(3回目)










4/29
最近なかなか写真を撮る機会もなく、ブログの更新もなんと、
3ヶ月も滞っていました!
不定期更新ということで続けて行きたいと思っておりますが、
最低月に一回くらいは更新しなければと思っております。

さて、復活第一弾は三重県桑名市のなばなの里チューリップです。
ここのチューリップの写真を撮るのは実は今年で3回目です。
花撮りの撮影は大分慣れてきましたが、少しマンネリ化しているような
気もしています。(望遠でボカして撮るとか^^;)
という訳で4枚目の写真は新しい技に挑戦して見ました。
匠さんのデジタル工房・玄人専科で紹介されていました、”仮想円錐技法”
を使ってのローアングル撮影をです。所謂ノーファインダーです。
いつもと違った感じでなかなか楽しいですね。

E-300 50-200/11-22



■  [PR]
# by onzie3 | 2007-05-01 01:19

音感



昨日、ハーマンミュートの記事で、ミュートをつけると音程が変わると書きましたが、
気になってチューナーで測って見ましたら、そんなに変わっていませんでした…。
半音くらい高くなる程度でしたので、チューニングスライドを伸ばして音程のは調整は
できました。
音色がかなり変わっていたので音程が変わったと勘違いしていたのですね。トホホ。
という訳で私には音感がないということがわかりましたが、音感というのは訓練で
養われたりするものなのでしょうか。


----------------------

写真は福井県三国町の龍谷寺という尼寺さんです。
カラフルな垂れ幕が鮮やかで印象的でした。
+E-300/11-22/HDR

+撮影場所

■  [PR]
# by onzie3 | 2007-01-28 23:22 | トランペット

ハーマンミュート購入




自宅でトランペットの練習をする際に必需品となるのがミュートです。
トランペットの先端のベルの部分に消音機のようなものをねじ込むようにして使用します。

ミュートにはいろいろ種類がありまして、消音効果の高いものもあれば、
演奏時の音色を変えるのが目的であまり消音効果のないものもあります。

私は最初、音は出来るだけ小さくした方がいいと思って消音効果の高いものを購入しました。
ところがそのミュートを使うと、音が小さくなるのはいいのですが、息の吹き抜けが
極端に悪くなって、管内の空気圧が高くなるために、マウスピースを唇に余計に押し付け
なくてはならなくて、とても疲れるのであまり使用しなくなってしまいました。
初心者ですので、あまり変な癖をつけたくないということもありました。

そのことをレッスンの先生に相談しましたら、ハーマンミュートというミュートを紹介して
頂きまして、本日購入してきました。
これはもともと演奏で使用するためのものだけあって、消音効果は幾分落ちるのですが、
吹奏感はそれほど違和感がありません。自宅で吹いてみた感じでも、真夜中に練習するので
なければ近所迷惑にはならない感じです。ただ、音色というか音程がかなりかわります。
最初どの音程が出ているのかわかりませんでした。まあこの辺は慣れですね。
これから自宅ではこのハーマンミュートを使ってしばらくは練習しようかなと思っています。

とは言っても、トランペットは何といってもオープンで吹くのが一番練習になるし演奏してても楽しいものなんですがねぇ。

■  [PR]
# by onzie3 | 2007-01-27 23:46 | トランペット

【トランペット】もうすぐレッスン3ヶ月




少しずつトランペットの記事も書いていこうかな。

トランペットを去年の10月に購入して、11月からレッスンに通い始めました。
もうすぐレッスン暦3ヶ月です。
今はドレミファソラシドの1オクターブがなんとか吹ける状態になりました。
この年になって何か物事への上達を実感できるのはうれしいものですね。

とはいいつつ、トランペットは思ったよりも難しい楽器です。
ただ音が出るのときれいな音が出るの違いが想像以上にある楽器です。
とても奥が深いです。
独学ではいかんともしがたいところがこの楽器にはあります。

レッスンに通ってると、日頃の練習のモチベーション的にもかなりな違いがあります。
私のトランペットは趣味ですので時間的にも制限されますし本業や家庭をおろそかにする
訳には行きません。レッスンがなければそういったことが自分自身への言い訳となって
練習をさぼりがちになってしまうこともあるんじゃないかと思います。
やはりレッスンに通っている以上、上達したくなります。
お金を払っている価値はレッスンで受ける直接的な対価プラス、
付随してついてくるモチベーションのアップというのも大きいのではないかと実感しています。

早く有名な曲を一曲でもいいから気持ちよく吹けるようになりたいですね。
(今はレッスンの課題曲のみです)


-------

写真は、福井県三国町にある、「龍翔館」という建物です。館内は三国の歴史を
知ることが出来る展示ホールになっていますが、もともとは明治時代の小学校
なのだそうです。そしてこの小学校を設計したのがあの騙し絵で有名なエッシャー
のお父さんというのですから驚きです。とてもモダンな建物です。

+E-300/11-22/PhotomatixにてHDR合成/PhotoshopCS2にてアオリ補正
+撮影場所へのリンク

■  [PR]
# by onzie3 | 2007-01-24 21:41 | トランペット

あけましておめでとうございます






新年のご挨拶が遅くなりましたが、今年もがんばって参ります。
皆様のご健康とご多幸をお祈り致します。
今年は写真と関係ない話題も少しずつ書いていこうかなと思っています。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。


さてさて、今年のトップバッターは名古屋駅のセントラルタワーズのパノラマです。
クリスマスイルミネーションはまだまだ続いています。

この日は嫁さんが金土と出勤だったこともありまして、慰労も兼ねてタワーズで
お食事をして来ましたついでの写真撮影でした。(1月6日)

+E-300/11-22(4枚をパノラマスティッチ)
+E-300/11-22(6枚をパノラマスティッチ)
■  [PR]
# by onzie3 | 2007-01-08 18:42

山崎蒸留所見学

12月15日

つばくろ写真館のつばくろさんのご案内で、山崎蒸留所へ
見学に行ってきました。


山崎蒸留所はサントリーのシングルモルトウィスキー「山崎」を蒸留しているところです。
山崎のラベルの崎の字のつくりを良く見ると、「寿」をくずした字とわかりますが、
これはサントリーの前身の寿屋から来ているそうです。




山崎蒸留所には様々な形の蒸留釜があります。
それぞれの釜の形がウィスキーの個性を決める要因の一つになっているそうです。




蒸留された原酒はオークで作られた樽に入れられて10年~50年寝かされます。
もともと無色透明だった原酒が樽の中で年を経るにつれ、樽の色が染み出てあの
ウィスキー色になっていくのだそうです。




ウィスキーのあの色はオークの樽の色だったのですね。
プチトリビアでした。



見学の後はお待ちかねのウィスキーの試飲がありました。
山崎と響をハーフロックで頂きました。
この日はその後サントリーのビール工場にも見学に行き、モルツを試飲させて
頂いたりして、盛りだくさんな一日でした。


+E-300/50mmマクロ
+E-300/50mmマクロ
+E-300/50mmマクロ
+E-300/50mmマクロ


+撮影場所

■  [PR]
# by onzie3 | 2006-12-17 21:09

三室戸寺の紅葉

12月2日










先週の週末ですが、京都の三室戸寺に行ってきました。
ここのお寺さんは6月から7月にかけての蓮の花が有名で、
その時期は観光客でとても賑わいます。
紅葉もそこそこ有名と思うのですが、この日はどういう訳かほとんど人がいませんでした。
もう紅葉も終わりということでしょうか。(皆さんよくご存知のようです…)

この日は午前中は天気が良くて、人も少なく、気持ちのいい朝のお散歩ができました。

+E-300/11-22
+E-300/50-200
+E-300/50-200
+IXYD500(絵画風レタッチ ^^;)


+撮影場所


■  [PR]
# by onzie3 | 2006-12-07 23:46
< 前のページ 次のページ >